世界アルバトロスデーとは

- World Albatross Day -

ACAP(The Agreement on the Conservation of Albatrosses and Petrels:ミズナギドリ目鳥類の保全に関する国際協定)は、 この協定が2001年に調印された日に因んで、6月19日を「世界アルバトロスデー」と定め、世界のミズナギドリ目鳥類が直面している苦境を説明し、それらの保全活動が急務であることを世界の人々に呼びかけることにしました。2020年6月19日が第1回となります。

World Albatross Day

日本での取り組み

長谷川博・東邦大学名誉教授

日本でも「世界アルバトロスデー」への参加を通じて、海鳥類保全の取り組みを進めようと、2019年7月から長谷川博・東邦大学名誉教授の呼びかけによって、NPO・NGOなど7団体が集まり、2020年2月1日、実行委員会が設立されました。

実行委員会では、日本独自の取り組みとして、6月19日を含む6日間(6月16日~21日)を「世界アルバトロスデー&シーバードウィーク」と称し、危機に瀕するアルバトロス類を含む海鳥全般の現状や保全に向けた取り組みを紹介するため、さまざまなイベントを計画していました。

しかし、この度の新型コロナウイルスの感染拡大により、6月に予定していたイベントをすべて中止しました。

実行委員会は引き続きアルバトロス類と海鳥全般の保全について、広く普及啓発する活動を続けていきます。


世界アルバトロスデー実行委員会

(順不同)

  • 公益財団法人 日本野鳥の会
    Wild Bird Society of Japan
  • NPO法人 OWS
    The Oceanic Wildlife Society
  • 一般社団法人 バードライフ・インターナショナル東京
    BirdLife International Tokyo
  • NPO法人 小笠原自然文化研究所
    Institute of Boninology
  • NPO法人 リトルターン・プロジェクト
    Little Tern Project
  • 伊豆諸島自然史研究会
  • 公益財団法人 山階鳥類研究所
    Yamashina Institute for Ornithology